IT業界の成長と今後の注目分野

IT業界は非常に活気があり、常に成長しています。まずIT業界の人口を確認しましょう。
2014年の段階で日本のIT業界の人口は約84万人です。2010年はリーマンショックの影響を受け一時的に人口が減りましたが、それ以降右肩上がりで伸び続けています。2014年のアメリカでは約369万人。アメリカにおいても2010年に人口が減りますがそれ以外では伸び続けています。中国ではリーマンショックの影響を受けることもなく、常に上がり続けており、現在では320万人を超えています。
日本、アメリカ、中国では国の人口が元々大きく異なるためIT業界の人口にも差があるように思えますが、いずれにせよ世界的にIT業界が成長していることが伺えます。

そしてこれほどの成長を見せているIT業界の中でも更に今後ますます成長していくと考えられている分野があります。それが組み込み系エンジニアです。組み込み系とは家電や自動車、工場などの産業用ロボットに使われているようなプログラムのことを言います。
なぜ組み込み系が注目されているのかというとIoTが進んでいることが挙げられます。IoTはモノのインターネット化とも呼ばれていますが、IT技術が進歩したことによりあらゆるモノをネットに繋いで一元的に管理することが技術的に可能になっています。今後、モノをネットに繋いでいくためのプログラム制作が求められるため、それに携わる組み込み系エンジニアの需要が非常に高まっているのです。

組み込み系エンジニアの詳細や実情については組み込みエンジニアからの転職をご参照ください。

Comments are closed.