デバイスに対する知識の必要性と将来性

組み込み系エンジニアは、ただシステム開発に関する全般的な技術やプログラミングに関する知識があれば担えるというものではありません。それはあくまで優秀な人材として働けるようになるための基礎であって、それに加えてデバイスに対する深い知識が必要とされます。就職した企業によって扱うことになるデバイスの種類は限定される可能性もありますが、就職したらまずはその勉強が不可欠になるでしょう。十分な知識がなければ設計も開発も行うことが難しくなるので、必死の勉強が要求されるのです。

その大変な期間を経て十分にデバイスに対する理解をすると、一人前の組み込み系エンジニアとして設計や開発に携われるようになります。そして、その充実した知識を活用して企業に貢献していると、その企業独自のデバイスに特化した経験を積むことが可能です。結果として、その企業では重宝されるエンジニアとなることができます。

しかし、他の企業で活用できるデバイスの知識は不足してしまいやすく、転職をすると新たにデバイスについて学び直さなければならない場合もあります。将来的に転職をして別の働き方をしたいというときには、経験を武器にし難い場合があるのがデメリットになるのです。

また、他の仕事をしていた状況から組み込み系に移りたい場合も、特定のデバイスでの開発経験が重視されることもある場合は狭き門になる傾向があります。長く同じ企業に勤めていきたいというときに優れているのが組み込み系エンジニアと言えるのではないでしょうか。

Comments are closed.